ksk

Hacking HR! - 開催してきました -

f:id:ksk1030:20180903022817p:plain

Hacking HR

Hacking HRというイベントに行ってまいりました。
最近はずっとLT枠での参加でしたが、今回は運営してました。

hacking-hr.connpass.com

会場はReproさん。
最近めっちゃ頻繁にお邪魔してる気がする。。。

経緯

1ヶ月くらい前の Repro Tech Meetup に参戦した後の懇親会で、主催の @threetreeslight さんと仲良くなって「なんかやりましょう!」って盛り上がった流れで今回お手伝いする運びに。

ksk1030.hatenablog.com

自分としても最近役割が変わって、組織をどう作るか、みたいなことも守備範囲に入ってきたところでHR系の知見を深めていきたいタイミングだったのでありがたかった。

当日

基本受付+撮影やってたので、そこまでLT内容聴き込めなかった...もったいない。

Scoutyの伊藤さんのお話で、ビジネス職に求めるスキルを明確化して提示するようにしたってのは、今回の採用の話だけでなく、組織づくりまで一気通貫で効いて来るところで、もっと深掘りして話聞いてみたいと思った。

あとは皆さんのお話聞いてて思うのは、いかに母集団増やそうとも、発信する言葉が綺麗になっても、中で働く人が同じ方向を向いて能動的に動いててパフォーマンス出る状態になってないと、結局どこかでほころびが出るんだろうな、と。
グロースハックにおいても、ユーザの獲得は最後、まず注力すべきは既存ユーザの活性化と継続である、ということなんでしょう。

growiz.us

ちなみに当日のリアルタイム質問がこちらに残っているので、見てれば参加してた方は雰囲気を思い出せるかも...
(切実にスライドがシェアされてほしい...!)

app2.sli.do

受付は参加者の方全員と接点が持てるので役得ですね。
懇親会でもすっと話に入って行きやすくて便利でした。

懇親会はWeb系の会社さんが多く、HR系のイベントながらフランクな感じ。
そしてHR専属というよりは少人数の会社で、バックオフィス全般だったり、ビジネスサイド全般をやってる方が多かった。
リファラルの拡大にも見られるように、採用に関しては専属の人だけでは限界があって、会社全体で取り組むところなんだろうなあと改めて思う。

先日の広報LT大会でも似たようなことを思ったし、アウトソースする部分と、専属の社員以外もオーナーシップ持ってやってくことと、別れていくんだろうなあ。
そう考えると、やはり色んな職種を経験しているってのは人とは違う価値の出し方ができるはず。